歯科治療のギモンにお答えします!

患者様のよくある疑問に院長がお答えします

治療に対する疑問があっても、「はい、口を開けてください」と言われてしまうと、なかなか質問できず、疑問を抱えたままになっている……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこちらでは、患者様からよくいただくご質問に、医師の立場から回答させていただきます。

なぜ一回の治療で終わらないんですか?

たった1本の虫歯の治療でも、さまざまな工程を経る必要があるためです。歯の状態を診ただけで、すぐに治療を行うことはできません。十分な検査をしたうえで治療計画を立てる必要があります。また、歯を削ったら詰め物や被せ物が必要ですが、それらは患者様の歯型を採って作らなければいけないのです。

ただ、何回も通っていただくことには、自分の健康に対する意識が高まるというメリットもあります。1回だけで治療が完結すると自分の歯についてよく知ることもできませんし、「こんな簡単に治療できるなら……」と、日頃のケアがおろそかになってしまうかもしれませんよね。

医院ごとに自費診療の金額が違うのはなぜですか?

同じ治療法でも、医師の技術力には大きな差があります。保険診療はできる範囲が限定されているため技術力による差は出にくいのですが、自費診療では明確な違いが出ます。そのため、治療費が高額になる場合は「技術料」の意味合いが強いですね。

あとは、治療にかかる材料費の違いです。また、歯科技工物をつくる技工所によっても金額が違いますので、そこからも医院ごとの金額の差が生じています。

安いインプラントと高いインプラントの違いは何ですか?

これは、そのインプラントシステムの質が大きく関係しています。高いインプラントは治療期間が短く、症例数が多くて審美性も高いもの。安いインプラントは高いものと比較して治療期間が長く、症例数が少なく、審美性も低いものがほとんどです。ちなみに、症例数が少ないということは、万が一のトラブルが起こったときに対応できない可能性があるということです。多少お金がかかっても、安全性の高いもののほうが安心です。
※ただし骨質が十分であれば安いインプラントでも問題ない場合もあります。

矯正治療は痛いと聞きますが本当ですか?

矯正治療は、矯正装置を付けて歯を動かす治療です。それなりに強い力をかけて歯を動かしますから、どうしても痛みは出てしまいます。ただ、痛みの感じ方には個人差がありますので、あまり痛くない人もいれば、耐えられないほど痛みを感じる人もいるようです。不安な場合は、治療前に医師に相談してみてください。

わからないこと、聞きたいことがありましたら、お気軽にご相談ください!
TEL:03-3805-7182

東京都荒川区|診療予約|アクレスティ南千住アプル歯科医院

ページの先頭へ戻る