親知らずのお悩みを解決しましょう~口腔外科~

親知らずの痛み……早めの処置が重要です

10代後半以降に生えてくる「親知らず」は、まっすぐ生えてくることが少ない歯です。それは、現代人の顎には親知らずがちゃんと生えるだけのスペースが足りないため。スムーズに生えてくれば問題ありませんが、斜めに生えてきたり、他の歯に引っかかってしまったり、埋まったまま生えてこなかったりした場合、痛んだり他の歯を圧迫して歯並びを乱したりすることもあります。そのため、問題がある場合は他の歯に影響を与える前に抜歯することが重要です。

【親知らず抜歯後の注意点】

  • ・再出血しやすいため、うがいをしすぎない
  • ・多少の痛みがあっても冷やしすぎない
  • ・抜歯後の穴には、できる限り触らない
  • ・抜歯当日は、激しい運動や入浴、飲酒を控える
  • ・口の中はできる限り清潔な状態に保つ

口腔外科(こうくうげか)では、親知らずの抜歯をはじめとした、さまざまなお口の外科的なトラブルの治療を行っています。

口腔外科で行う治療

歯牙移植(しがいしょく)

歯の「移植」とは、不要な歯(親知らずなど)を抜歯して、歯の無い部分に穴を開けて植えたり、重度の虫歯などで抜歯せざるを得なくなったとき、代わりに親知らずなどを移植する治療です。他人の歯では拒絶反応が出てしまいますが、自分の歯で行えば安全に治療できるうえに負担も少なく済みます。

口腔内のできもの

頬の粘膜や舌にできた「できもの」の治療も行っています。口内炎やイボ、腫瘍の除去まで対応できます。悪性の腫瘍にも対応できますので、気になる方は早めにご相談ください。

顎、口腔内のケガ・骨折

歯だけでなく、口腔内のケガや骨折なども口腔外科で対応できます。お口に関することなら、どんなことでもまずはご相談ください。

院長のワンポイントアドバイス(口腔外科編)

東京都荒川区|診療予約|アクレスティ南千住アプル歯科医院

ページの先頭へ戻る